FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国王子の新婚旅行先はこう決まった

 黄金週間初日の4月29日(2011年)、震災で打ちひしがれた日本のメディアもテレビを中心にウィリアム英王子と民間出身キャサリン嬢の結婚式生中継で盛り上がった。式が済めば、次の話題は当然新婚旅行である。

 英王室広報部は5月10日、王子夫妻がハネムーンに出かけたことを認めたが、プライバシーを楯に行き先を明かさなかった。だが、遠慮のない英国の娯楽メディアが人口8万人余り、インド洋のダイヤモンドといわれるセーシェル共和国(以下、セ国)を割り出すと、日本のメディアもそれを「又聞き」で報じた。ネパールのテレビや新聞にいたっては自国へ夫妻がやってきたという誤報までした。

 行き先が判明したときには、すでに二人は私有ジェット機でセ国マヘ島の国際空港に降り立ち、小数の随員とともにヘリコプターで15分、真綿のように柔らかいノース島ハネムーンビーチのロッジに入っていた。

ウィリアム・ケイト夫妻のハネムーン先ホテルビーチ(ノース島)

<ウィリアム・ケイト夫妻のハネムーン先ホテルビーチ(ノース島)" > 

 セ国は国土の4割を自然保護地区に指定し、ゾウガメや双子ヤシでも有名な世界屈指の「自然」リゾート。筆者は1981年に初めて訪れ、A・ルネ大統領(当時)と会見し、日本セイシェル協会を設立した。以来、90年の大阪花博に情報労連近畿の協力によって出展したことや京都の陵が岡小学校生徒の友好訪問、各局のテレビ番組の製作などで相互の信頼関係を築いてきた。

 また縁あって、1983年には松田聖子さんに「セイシェルの夕陽」というアルバムを出してもらった。まさにその歌詞通りに美しいノース島にも筆者は3回遊んだ。昨年度外国人観光客17.5万人のうち、日本からはわずか299人であったが、来年度は王子効果で間違いなく倍増する。

 王子夫妻はすでに2年前、この国のデローシュ島に婚前滞在している。だが、同国のメディアは前回も今回も節度を守り何も報じていない。メディアには報道の自由があり、社会はそれを保障すべきだが、逆にメディアは人びとの社会理解の深まる報道でそれに応えねばならない。

 今度の新婚旅行先の選択もそうだが、成婚イベント全体が王室のメディア対策班の演出したものであった。第一位の王位継承権者でありながら、不倫から再婚までのごたごたで評判のよくないチャールズ皇太子のもつ王族イメージの修正がまず企図された。今回、ダイアナ妃の形見の指輪が婚約用に使われたのも、母との絆の確認と質素な暮らしの演出で、式後のバルコニーでの熱烈なキスで世界を興奮させのだから見事である。

 英国連邦は7つの海に君臨した過去の栄光のなごりだが、その民への王室の威光と配慮を示すために、連邦の1つが選ばれた。また、ダイアナ妃がエイズ撲滅や地雷除去活動に熱心だったから、ホンダの大型バイクを愛用し、環境保全にも関心を寄せる息子は母のイメージを壊さず、かつCO2排出権ビジネスにも役立つということでのセ国選択もにくい。英王室は日本とは違い、活発なビジネス展開もしている。

 米国はこのセ国に長い間、衛星を電波誘導するレーダー施設を置いてきた。旧ソ連(現ロシア)と中国はこの国に大使館を置いてそれを監視したが、そこへの英国の関心を示すという政治的意味もある。

 加えて、国連総会でのこの国の1票の重みは米中ロなどの大国と平等なのに、日本の場合はケニア大使館の兼轄で、年に数回、大使館員が訪問するだけだ。私たちになじみ深い回転スシ用のキハダマグロはこの国の近辺が漁場になっているし、漁船事故でも助けて貰っている。中東地域からのシーレーンに近く、経済保安上の意味もある。

 セ国は憲法でクレオール語・英語・仏語を国語としているように、人種の混交が進み、治安がよい。要人警護がしやすいうえに、今回は離島リゾートだからさらに好都合。こうして簡単には取材ができないメディアは今後も王室の意図通りの報道をさせられることになる。

お隣りの中国でも、29日の結婚式当日、CCTV(中国中央テレビ)が世界の君主制を比較するニュース特番を組み、筆者も電話でそれに参加した。両国とも大臣などの承認を内閣の助言で行う国事行為で類似している。違うのは英王室がメディアによって等身大にされてきたのに対して、日本の皇室報道には戦前から続くタブー性が大きく残っていることである。

SANKEI EXPRESS コラム「メディアと社会」
2011年5月25日(水)掲載 SANKEI EXPRESSコラム「メディアと社会」第94回
            (同志社大学社会学部教授)

Why Williams and Kate Chose Seychelles as Honeymoon Destination?

 The Japanese media depressed by an earthquake, Tsunami and Nuke plants disasters, on April 29,2011, the first day for Golden Week was swelled by wedding ceremony broadcasts of Prince William and Kate. And it is natural that the next concern of the media after the wedding their honeymoon.

 The Public Relations Department of the British Royal Family admitted that the new couple went to honeymoon on May 10, but did not reveal the destination to protect the privacy of the new couple. But many media of the world including those of Japan reported it by ‘secondhand information’ when the British tabloid media wrote without hesitation that it is the remote island nation the Republic of Seychelles, whose population is only a bit more than 80,000 but is named ‘a diamond of the Indian Ocean’with its so beautiful nature. The media of some countries like Nepal wrote that they had a new couple in their country which was of course misleading.

 When the destination turned out, the couple already arrived at the international airport of main island Mahe, Seychelles by private jet and entered the lodge of North Island with beautiful beach like silk floss by 15 minute helicopter flight, where I myself had enjoyed three times. The Seychelles surely is the world's best "nature" resort which is well known for the strict conservation policy and also for the rare animals and founa like giant tortoises and cocodemer(twin coconuts).

ウィリアム・ケイト夫妻のハネムーン先ホテルビーチ(ノース島)


 I first visited the Diamond of the Indian Ocean in 1981. And then I met President Rene(then, and from 2004 President J. Michel) and agreed to set up Japan-Seychelles Friendship Association. Since then we had followed many kinds of exchanges like TheOsaka World Flower Expo, school kids of Ryogaoka, Kyoto with the help of many people and organizations like Trade Union of Telecommunications of Kinki Japan. We also made more than thirty TV programs to introduce the friendly people and beautiful nature of the Seychelles to the Japanese people. In addition, we asked the then most famous singer Seiko Matsuda to sing a song about Seychelles and published an album titled “Sunset of Seychelles” in 1983. Thus we have cherished friendship between thetwo peoples for the past thirty years.

 Seychelles is a little distant place and last year only 299 Japanese paid visit as tourists, though the country welcomed 175,000 foreign tourists in total. But this Seychelles, when we have a chance to experience it, nobody can press his or her desire to visit again and see so beautiful nature and warm atmosphere kept by friendly people. Frankly speaking William and Kate had visited the Desroche, one of the islands of Seychelles two years ago and stayed there for a week, and again they decided to visit Seychelles to spend their honeymoon.

 The calm and moderate media of Seychelles have not reported anything on their two visits to keep their privacy and only the Government of Seychelles expressed its hanks to the people for their cooperation to keep the honeymoon couple in the best atmosphere. Of course the media has press freedom, and the society should guarantee it for its democracy, but in return for it the media must supplying valuable information enough to deepen the social understanding of the audience.

 The whole marriage event of the Royal Family is usually planned very carefully by the so called ‘spin-doctors’ and of course even the choice of the honeymoon destination is not the exception. Firstly the correction of the image of the Family, which is represented by the several scandals with Prince Charles’ troubles such as his immoral marital life, was targeted. In this sense the natural beauty of the Seychelles was best to erase that kind of non-favorable image, and needless to say,the engagement ring originally owned by the former Charles’ wife and William’s mother Diana was used by showing William’s love and respect to his mother and as the symbol of simple life of the Royal family. The climax of the ‘marriage show’ on the TV screen was the kiss at the veranda before the public of one million on the London streets and the two billion TV viewers of the world.

 The choice of Seychelles as their honeymoon destination has a political meaning too. We can understand this when we know that Seychelles is one of the nations of the British Commonwealth. Their visit gives impression that the Royal family always pays a warm attention to the people of the Commonwealth nations which cover throughout the seven oceans of the world. And also their visit to Seychelles means that the next public and even ‘business’ activity of the newly-weds might be environmental protection without disturbing an image of Diana and in addition to get the clue of joining CO2 emission credit trades. The British Royal Family follows various kinds of business though Japanese one does not do any of such.

 Also their visit to Seychelles has world strategic meaning to show the British presence and concern in this area, which is symbolized by the huge American military radar-station on the mountain of Mahe Island, where Russia(former Soviet Union) and China have embassies, the main job of whose officers are to watch what Americans are doing there. The very naïve Japanese Embassy sends its staff from Kenya to Victoria, the Capital of Seychelles several times a year.

 Seychelles is a member of the United Nations and it has one vote in the United Nations General Assembly and its value is as important as other large countries like the US, China and Russia. And even practically for us Japanese the EEZ of the sea of this country is so rich in resources where we get yellow fin tuna enjoyed at the rounding sushi bars throughout Japan and also when the Japanese fishing boats meet accidents the Seychelles coast guards have helped them. Besides these things the location of the Seychelles has a big meaning as it is along the way of so called‘sea-lane’ for Japan to carry crude oil and NLG from the Middle East.

 The Constitution of the Seychelles defines Creole, English and French as the national languages, which means, in case of Seychelles the mixture of races proceeds softly and the social gap among the people is not big, so that the stability is high. It makes the best condition for the security side to guard VIPs. In addition as William and Kate stayed in a remote island they could shut out the lousy paparazzi media reporters, which also made it easy for the Royal Family to manipulate the media in their favorable direction.

 I myself appeared, on the wedding ceremony day of 29 th, over the phone interview in the special news program of the CCTV (China Central Television) which compared the world monarchism states. I said in it that the monarchy of the UK and Japan resembles as the system in their constitutional functions being conducted by the advice of the cabinet.

 The most different point between the two is that in Japan the critical comments of the Emperor’s Family are nearly the taboo whereas the British Royal Family has been shown to the public by the media as actual human-beings with both good and bad points like ordinary people.
(End It)

Article originally written in Japanese by Takesato Watanabe, Professor at Doshisha University, Kyoto, Japan Chairman, Japan-Seychelles Friendship Association
SANKEI EXPRESS(circulation 200,000): Column "Media and society",
Wednesday, May 25, 2011, with photos


スポンサーサイト

双子ヤシの生態

 By 日本セイシェル協会理事長 渡辺武達

双子ヤシは、セイシェル共和国の固有種で、同国プララン島の有名なヴァレドメ自然保護区(通称:巨人の谷)とその隣りのキュリユーズ島以外には世界中どこにも自然生息しない(他地域のものは他から持ち込まれたものだといわれる)。その生態と自然林・稀少原生動植物(クロオウム/Seychelles Black Parrot=Coracopsis barklyiなど)が世界の自然史に不可欠な価値を持つとして、1983年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)によって世界自然遺産として認定された。ちなみにセイシェル共和国にはこの他、ゾウガメ10万頭以上が生息するアルダブラ環礁もユネスコ認定(1982年)の世界遺産であり、両地域ともSeychelles Islands Foundation=SIF(セイシェル世界遺産保全庁/ホームページ→ http://www.sif.sc/ によって保全管理されている。

 yahi.png
 双子ヤシのオスの樹と雄花        双子ヤシのメスの樹と受精し成長中の実およびその中身
© Japan-Seychelles Friendship Association

この双子ヤシは実に不思議な生態をしめす。雌株の花が雄株から飛んでくる花粉(精子)を受け、9ヶ月たつと、中がカルピス色のジャム状になり、食べ頃となる。実を割って、それにシロップなどをかけると、えもいわれぬ味。舌のうえでころがし、のみこむと、胃の中までふんわりとした気分になり、極楽の食べ物とはこういうものなのか、という感じになる。

しかし現在は、政府の保護政策によりこの双子ヤシの実を食することは禁止されている。 この双子ヤシは、受精してからちょうど7年目に成熟して、自然に下へ落ちる。そして、実がパカッと割れて、中から固い種の部分(上記写真の右下ときには2つ、3つのこともある)が出てくる。それが女性の腰の部分そっくりの形をしており、1990年の日本大阪の花博会場セイシェル館に展示されたとき、参観者を驚かせた。 これは非常に固くて重い。大きなものになると、1個で20キロもある(2016年5月採取のものは一つの実に3個の種が入っており、合計で37キロ、これまでで最大、TBS/毎日放送系列「世界遺産:セーシェル編」(2016年10月2日、日曜、18:00 –18:30)で放映された。 

そして、この中の部分が、適当な湿り気があると地下茎を延ばし、5~6メートル地中を進行し、地上に芽を出す。こうして発芽すると1年に1枚ずつ葉を増やし、幹は日本のシュロのような外見、それが25年たってはじめて花をつけ、受精し、実をならせる能力をつける。だから、双子ヤシの樹は葉の枚数をかぞえると、樹齢がわかるのだ。雄株の場合もその生長過程は同じで、成長は遅く、およそ25年をすぎるまで花(男性器に形状が酷似)をつけ、精子(花粉)を作ることがない。受精は風、ゲッコウ(ヤモリ)、アブなどの仲介による。プララン島のヴァレドメには、およそ4000本の双子ヤシの木があるが、そのうち約8割超は雌株で、ここでは完全に1対4の一夫多妻である。

 現在では発芽した実が人の手によって、マヘ島の植物園などに移され、プララン島以外でも見られる。近くのキュリューズ島にも100本あまりが自然生育しミニ「巨人の谷」の観がある。。注:セイシェル共和国産 オオミヤシ(大実椰子)、フタゴヤシ(双子椰子)、ウミヤシ、ココ・デ・メール double coconut、sea coconut学名:Lodoicea maldivica

『セイシェル・ガイドーインド洋に浮かぶ地上最後の楽園』 渡辺武達著、恒文社・1983年(148,149ページから引用、改訂)    
Coco de mer, also calledDOUBLE COCONUT (species Lodoicea maldivica), native palm of the Seychelles Islands in the Indian Ocean. The flowers are borne in enormous fleshy spadices (spikes), the male and female on distinct plants. Coco de mer fruits, among the largest known, take about 10 years to ripen; they have a fleshy and fibrous envelope surrounding a hard, nutlike portion that is generally two-lobed, suggesting a double coconut. The contents of the nut are edible but are not commercially valuable. Water vessels and platters are made from the shells. The empty fruits (after germination of the seed) are found floating in the Indian Ocean and were known long before the palm was discovered.

Copyright: Encyclopedia Britannica, 1994-1999

世界に冠たるセイシェルの魅力

セイシェルがヨーロッパ富裕層のリゾート地として、あるいは日本からのハネムーン(新婚旅行)先として人気が高いのはどこまでも澄み切った空と海、夜には南十字星をはじめ、満天に星が輝くことのほかに、

 1.街中が安全であること(安全度は日本とほぼ同じ)

 2.人びとが人なつっこいこと(誰もがニコニコして話しかけてくれる)

 3.気候が温暖であること(南緯4度を中心に115の島が点在し、
   海洋性気候で、一年中25度~30度

町の中心地にある時計塔

<町の中心地にある時計塔>

 4.ホテルが清潔で、食事がおいしい(日本の街中の料理点とほぼ  
   同じ値段で新鮮な魚が食べられるし、ホテルでは世界各国の
   料理が提供される)

 5. 一年中、白い砂の浜を歩き、澄み切った海で泳げること。

中学生たちの清掃呼びかけ行進


<中学生たちの清掃呼びかけ行進>

 6.その他、もろもろ

しかしとりわけセイシェルが世界中の動植物愛好家に知られ、
テレビ取材などが多い理由は、

 1.世界で一番大きなリクガメである「ゾウガメ」の自然生息地である
   こと(自然生息地は世界自然遺産のアルダブラ島だが各ホテル
   に観光客用に飼育されている)。 

世界最大のゾウガメと山田矩子京都セイシェル協会長(バード島)

<世界最大のゾウガメと山田矩子京都セイシェル協会長(バード島)>

 2.世界で一番大きな椰子の実、双子ヤシ(ココデメ)をつける
   フタゴヤシの世界最大の原生林がある
   (プララン島、世界自然遺産)。

 3.世界で一番小さなカエル、ガルディネリが生息し(頭から尾てい
   骨までを計ると大人で9ミリ)、それが山中の朽ち木に卵を産み、
   卵からそのまま「カエル」の形をして生まれてくる(マヘ島山中)。

 4.多くの映画のロケ地になる、6月~9月に100万羽以上の
   セグロアジサシが産卵、営巣するバードアイランド(鳥島)が
   ある。
セグロアジサシの群舞(バード島)

セグロアジサシの卵(バード島)



<バード島のセグロアジサシ(上)、セグロアジサシの卵(バード島)(中)、尾長熱帯白尾鳥(下)>

 5.その他、もろもろ。

セイシェル訪問、セイシェル取材希望のテレビ局、その他、どのような方面でもセイシェルに興味のある方は何でもお問い合わせください。

メールの送付先: takesatowatanabe@gmail.com または 
                 twatanab@oak.ocn.ne.jp

日本セイシェル協会およびセイシェル観光促進会の活動

西インド洋に自然保護活動に熱心で、政府による自然保護・開発
禁止地域率の世界でもっとも高いセイシェル共和国があります。

私、渡辺武達は1980年代初めから、世界で三番目に小さな人口で
成立しているこの国政府および国民との民間交流を続け、これまで80回以上の訪問経験があります。

またこの国を日本およびその他の国々の人びとにメディアを通して
紹介するための活動もしてきました。日本ではNHK番組「生き物地球紀行」や「地球イチバン」、民放ではフジテレビ「「なるほど!ザ、ワールド」など、各局の番組にコーディネイターとして制作協力してきました。

2312万人を集めた1990年の大阪花博にはセイシェル政府の依頼を受け、全電通近畿労連の協力を得て、花博セイシェル館の政府代表を務め、世界最大のゾウガメ、世界最小のミニガエル(ガルディネリ)や双子ヤシ(coco de mer)を展示し、100万人超の入場者を迎えました。この国の文化や国情を紹介した以下の本も出版しております。

渡辺武達(1983)『セイシェル・ガイド―インド洋に浮かぶ地上最後の楽園』恒文社

それらの経験から、この国と国民についてのご質問にお答しますので、以下にご連絡いただければうれしいです。 
twatanab@oak.ocn.ne.jp 

日本セイシェル協会理事長  セイシェル観光促進会日本代表 
渡辺武達 Takesato WATANABE

IMG_0759京都教員訪問団一行(バード島)
 
<京都教員訪問団一行(バード島)>

IMG_0728抱卵するセグロアジサシ(バード島) 鳥と卵

<抱卵するセグロアジサシ(バード島) 鳥と卵>

「テレビ局、テレビ番組制作会社の皆様へ」

地上最後の楽園といわれ、映画「エマヌエル夫人」(第3部)や美しい海や多くの鳥、地上最大のゾウガメなどとふれあえる。

セイシェル取材を計画されている皆様にはできるだけの協力をいたしますのでご連絡ください。


セイシェル1

<英国ウィリアム王子夫妻の新婚旅行先のノースアイランド>

セイシェル2

<京都柏野小学校生徒のセイシェル小学校親善訪問交流>

セイシェル3

<NHK番組「「地球イチバン:セーシェル編」(NHK総合、2011年12月15日20:00-20:45放映)取材で、ミッシェル大統領(中央)と会見する渡辺武達日本セイシェル協会理事長(右、コーディネイター)、左は番組案内役のジャーナリスト/津田大介さん>
プロフィール

twatanab

Author:twatanab
本人略歴

渡辺武達(わたなべ たけさと) Takesato Watanabe, Japan
愛知県生まれ。同志社大学教授(社会学部メディア学科)を経て、現在、同志社大学名誉教授、日本セイシェル協会理事長、京都メディア懇話会会長。国際メディア・コミュニケーション学会国際理事、国内、国外での講演・執筆活動やテレビ出演、セイシェル関連でのテレビ番組コーディネイター等をしている。

メディア関係の社会活動として、同志社大学メディア・コミュニケーション研究センター代表(2003-7)、関西テレビ番組審議会委員(1996-2010)。京都新聞報道審議会委員(2000-2015)、など。(2016年9月現在)

Takesato Watanabe: Professor Emeritus at Doshisha University, Japan, Media& Information AnalystPresident of Kyoto Council on Media Studies and PoliticalScience=CMSPS)Kyoto International Council of International Association for Media and Communication Research=IAMCR Chairman of Japan-Seychelles Friendship Association (As of September2016)

著訳書:『ジャパリッシュのすすめ(朝日新聞社、1983年)、『テレビー「やらせ」と「情報操作」』(三省堂、1995年)、『メディア・トリックの社会学』(世界思想社、1995年)、『メディアと情報は誰のものか』(潮出版社、2000年)、“A Public Betrayed”(『裏切られた大衆』(2004年、米国Regnery刊、A. Gambleと共著)、『メディアと権力』(論創社、2007年)、『メディア・アカウンタビリティと公表行為の自由』(論創社、2009年)、『自由で責任あるメディア』(論創社、2008年)、『メディアへの希望 積極的公正中立主義からの提言』(論創社、2012年)、『メディアリテラシーとデモクラシー 積極的公正中立主義の時代』(論創社、2014年)、『メディア学の現在』(共編、世界思想社、2015年)など。

1980年代からテレビ制作に関わり、ファミリークイズやドキュメンタリー番組を作る。現在はCCTV(中国中央テレビ)英語国際放送などに衛星生中継で出演。専門はメディア社会論、国際コミュニケーション論。

Statement: Takesato Watanabe (as of May 2016)

Takesato Watanabe is Professor Emeritus,Doshisha University, Japan and President of the Kyoto Council on Media Studies and Political Science. After studying Journalism and Mass Communication at Doshisha University, he taught Journalism Ethics and Mass Communication Theory at that university for 25 years. He also acted as an advisor for International Department of The Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communication. In his media career, he has been a TV coordinator for over thirty years, a newspaper columnist and a commentator for China Central TV since 2007. He has published over 25 books, including co-authored and edited volumes; also in English, A Public Betrayed: An Inside Look at Japanese Media Atrocities and Their Warnings to the West, published in the United States.

Among his major translations from English into Japanese are A Free and Responsible Press by the Commission on Freedom of the Press (1947) and Denis McQuail’s Media Accountability and Freedom of Publication (2003).

He wishes to contribute to making IAMCR a stronger organization that will play a role in preparing an information environment for world peace through media studies and practices.

Author: Takesato Watanabe, Professor Emeritus at Doshisha University, Japan.

Media & Information Analyst

渡辺武達(メディア・情報学者)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。