FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル社と米国司法当局攻防の構図

 メディアが社会の実相をグローバルに通用する生活者の視点から描写しなければ、「グローバル化」時代に生きる市民の健全な判断力は育ちにくい。その結果、市民が選ぶ議員にも「地元利益を標榜した利権誘導」の不埒な「輩」が多くなる。詐欺師まがいのイクメン議員(京都選挙区選出ですでに辞職)や「バラク・オバマ大統領は奴隷の子孫(実際には父はケニアからの留学生)なのにそういう人が大統領になれる米国は凄い・・・日本が米国の51番目の州になるには憲法上の問題はあるのか」などとトンデモ発言、それを批判された後も「自分は間違っていない・・・」と言い続ける元弁護士の自民等議員。日本はすでに米国の「属国的」だが法的なその実現には憲法を廃止し、日本を米国の自治体にする以外にない!のに、そんなアホな議員がまだ国会に在籍中だ。

 いずれも倫理的かつ知的に「ゲスの極み」だが、今回はなぜ、一人あたりの新聞発行部数で世界に冠たる位置を占め、テレビ接触時間も多く、若年層のネット接触率が世界のトップグループにある私たち日本人が提供されている情報の質について、主権者として「知っておくべき事実とは何か」という角度から、現在世界的な話題となっているスマホ情報解読ソフトを巡るアップル社と米国司法省の対立問題を例に考えてみたい。

 昨年12月(2015年)、カリフォルニア州で起きたテロ事件の容疑者が使っていたiPhone(アイフォーン)の交信内容を知るためのロック解除を連邦捜査局(FBI)が製造元のアップルに求めて、同社が「政府当局からの要求は社会的利益を害する・・・」といい、司法省側は「アップルはビジネス利益だけで市民の安全を考えていない・・・」と批判している事件である。

 良識ある市民は一般的に犯罪撲滅に資する情報を捜査当局に提供するのは当然だと考える。それは安全かつ安心な生活を保障して欲しいと考える市民にとって基本的に日米ともに同じだ。だから、現実にそうした方向での法整備がなされ、当局は重大犯罪や明白な危機が迫りつつあると認められた時には事前防止のための盗聴を含む対応が認められている。そうした社会観があるから、今回の問題でも米国の世論調査では「過半数がアップルに批判的」である(ピューセンター調査)。

 この件では、日本の新聞やテレビも憲法が規定する表現・通信の自由や検閲禁止と社会的安全のバランス論を展開しているが、一歩踏み込むと違う側面が見えてくる。その第1は、「過半数がアップル批判・・・」という世論調査の結果報道だ。その批判率はじつは「51」%。小学校の算数レベルではそれはたしかに過半数だが、回答者の心理や問いの仕方を考えると「ほぼ半数」というのが正しい。メディアは何を考えて見出しをつけているのか。両者の与える印象はずいぶんとちがい、これでは捜査当局の視点に立った「情報操作」とさえいえる。

 第2は、記事の多くには肝心な争点が明示されていないという点。たとえば、司法当局はテロ撲滅のため、今回だけはアップル社も理解してほしい・・・などというが、アメリカのIT業界がロック解除を求められているのが現時点で12件以上ある。実際、これまで、大手IT企業、Facebookやグーグル、ツィッターなどの最高経営責任者(CEO)たちは「市民の安全確保」ということで政府による通信傍受にこれまで協力してきたが、その期待は裏切られ、そうした方法だけでは犯罪防止は確保できない・・・という事実が残った。そのため、今度の件ではアップル側を支持している。

 米国政府が社会的安全保障のため・・・と称して、自国民だけではなく日本を含む国際間の電子通信を上述したIT企業などの協力を得て傍受してきたのは事実だ。そのことは日本についても同じで、米国政府/捜査当局内部でその業務に従事してきた元CIA職員エドワード・スノーデン氏が自らの体験から証言している通りである(2013年)。

 当該スマホが見られないと事件捜査ができないというのはあまりにも子供じみた議論だということだが、それ以上に、これまでのこうした対立では最終的には国家のいう「国民・市民の生命と財産の安全確保」という主張が世論の多数に支持されてきた。だが、司法当局の金科玉条としての「安全」論理がスマホという誰もが身近に利用できる端末データの提供という「通信の秘密保障」をふたたび代償にして堂々と行われれば、「検閲の禁止」(日本国憲法の第21条保障条項)など無意味になってしまう。そこまでねじれた現況を今一度、理論と現実のギャップを細小にすべく努力する責任が私たちにはある。
 
 2016年3月2日(水)産経エクスプレス(略称 EX)掲載 第215回 
掲載時の表題は「安全か通信の自由か 事実に基づき議論を」 
(同志社大学名誉教授/メディア・情報学者)
スポンサーサイト

英国王子の新婚旅行先はこう決まった

 黄金週間初日の4月29日(2011年)、震災で打ちひしがれた日本のメディアもテレビを中心にウィリアム英王子と民間出身キャサリン嬢の結婚式生中継で盛り上がった。式が済めば、次の話題は当然新婚旅行である。

 英王室広報部は5月10日、王子夫妻がハネムーンに出かけたことを認めたが、プライバシーを楯に行き先を明かさなかった。だが、遠慮のない英国の娯楽メディアが人口8万人余り、インド洋のダイヤモンドといわれるセーシェル共和国(以下、セ国)を割り出すと、日本のメディアもそれを「又聞き」で報じた。ネパールのテレビや新聞にいたっては自国へ夫妻がやってきたという誤報までした。

 行き先が判明したときには、すでに二人は私有ジェット機でセ国マヘ島の国際空港に降り立ち、小数の随員とともにヘリコプターで15分、真綿のように柔らかいノース島ハネムーンビーチのロッジに入っていた。

ウィリアム・ケイト夫妻のハネムーン先ホテルビーチ(ノース島)

<ウィリアム・ケイト夫妻のハネムーン先ホテルビーチ(ノース島)" > 

 セ国は国土の4割を自然保護地区に指定し、ゾウガメや双子ヤシでも有名な世界屈指の「自然」リゾート。筆者は1981年に初めて訪れ、A・ルネ大統領(当時)と会見し、日本セイシェル協会を設立した。以来、90年の大阪花博に情報労連近畿の協力によって出展したことや京都の陵が岡小学校生徒の友好訪問、各局のテレビ番組の製作などで相互の信頼関係を築いてきた。

 また縁あって、1983年には松田聖子さんに「セイシェルの夕陽」というアルバムを出してもらった。まさにその歌詞通りに美しいノース島にも筆者は3回遊んだ。昨年度外国人観光客17.5万人のうち、日本からはわずか299人であったが、来年度は王子効果で間違いなく倍増する。

 王子夫妻はすでに2年前、この国のデローシュ島に婚前滞在している。だが、同国のメディアは前回も今回も節度を守り何も報じていない。メディアには報道の自由があり、社会はそれを保障すべきだが、逆にメディアは人びとの社会理解の深まる報道でそれに応えねばならない。

 今度の新婚旅行先の選択もそうだが、成婚イベント全体が王室のメディア対策班の演出したものであった。第一位の王位継承権者でありながら、不倫から再婚までのごたごたで評判のよくないチャールズ皇太子のもつ王族イメージの修正がまず企図された。今回、ダイアナ妃の形見の指輪が婚約用に使われたのも、母との絆の確認と質素な暮らしの演出で、式後のバルコニーでの熱烈なキスで世界を興奮させのだから見事である。

 英国連邦は7つの海に君臨した過去の栄光のなごりだが、その民への王室の威光と配慮を示すために、連邦の1つが選ばれた。また、ダイアナ妃がエイズ撲滅や地雷除去活動に熱心だったから、ホンダの大型バイクを愛用し、環境保全にも関心を寄せる息子は母のイメージを壊さず、かつCO2排出権ビジネスにも役立つということでのセ国選択もにくい。英王室は日本とは違い、活発なビジネス展開もしている。

 米国はこのセ国に長い間、衛星を電波誘導するレーダー施設を置いてきた。旧ソ連(現ロシア)と中国はこの国に大使館を置いてそれを監視したが、そこへの英国の関心を示すという政治的意味もある。

 加えて、国連総会でのこの国の1票の重みは米中ロなどの大国と平等なのに、日本の場合はケニア大使館の兼轄で、年に数回、大使館員が訪問するだけだ。私たちになじみ深い回転スシ用のキハダマグロはこの国の近辺が漁場になっているし、漁船事故でも助けて貰っている。中東地域からのシーレーンに近く、経済保安上の意味もある。

 セ国は憲法でクレオール語・英語・仏語を国語としているように、人種の混交が進み、治安がよい。要人警護がしやすいうえに、今回は離島リゾートだからさらに好都合。こうして簡単には取材ができないメディアは今後も王室の意図通りの報道をさせられることになる。

お隣りの中国でも、29日の結婚式当日、CCTV(中国中央テレビ)が世界の君主制を比較するニュース特番を組み、筆者も電話でそれに参加した。両国とも大臣などの承認を内閣の助言で行う国事行為で類似している。違うのは英王室がメディアによって等身大にされてきたのに対して、日本の皇室報道には戦前から続くタブー性が大きく残っていることである。

SANKEI EXPRESS コラム「メディアと社会」
2011年5月25日(水)掲載 SANKEI EXPRESSコラム「メディアと社会」第94回
            (同志社大学社会学部教授)

Why Williams and Kate Chose Seychelles as Honeymoon Destination?

 The Japanese media depressed by an earthquake, Tsunami and Nuke plants disasters, on April 29,2011, the first day for Golden Week was swelled by wedding ceremony broadcasts of Prince William and Kate. And it is natural that the next concern of the media after the wedding their honeymoon.

 The Public Relations Department of the British Royal Family admitted that the new couple went to honeymoon on May 10, but did not reveal the destination to protect the privacy of the new couple. But many media of the world including those of Japan reported it by ‘secondhand information’ when the British tabloid media wrote without hesitation that it is the remote island nation the Republic of Seychelles, whose population is only a bit more than 80,000 but is named ‘a diamond of the Indian Ocean’with its so beautiful nature. The media of some countries like Nepal wrote that they had a new couple in their country which was of course misleading.

 When the destination turned out, the couple already arrived at the international airport of main island Mahe, Seychelles by private jet and entered the lodge of North Island with beautiful beach like silk floss by 15 minute helicopter flight, where I myself had enjoyed three times. The Seychelles surely is the world's best "nature" resort which is well known for the strict conservation policy and also for the rare animals and founa like giant tortoises and cocodemer(twin coconuts).

ウィリアム・ケイト夫妻のハネムーン先ホテルビーチ(ノース島)


 I first visited the Diamond of the Indian Ocean in 1981. And then I met President Rene(then, and from 2004 President J. Michel) and agreed to set up Japan-Seychelles Friendship Association. Since then we had followed many kinds of exchanges like TheOsaka World Flower Expo, school kids of Ryogaoka, Kyoto with the help of many people and organizations like Trade Union of Telecommunications of Kinki Japan. We also made more than thirty TV programs to introduce the friendly people and beautiful nature of the Seychelles to the Japanese people. In addition, we asked the then most famous singer Seiko Matsuda to sing a song about Seychelles and published an album titled “Sunset of Seychelles” in 1983. Thus we have cherished friendship between thetwo peoples for the past thirty years.

 Seychelles is a little distant place and last year only 299 Japanese paid visit as tourists, though the country welcomed 175,000 foreign tourists in total. But this Seychelles, when we have a chance to experience it, nobody can press his or her desire to visit again and see so beautiful nature and warm atmosphere kept by friendly people. Frankly speaking William and Kate had visited the Desroche, one of the islands of Seychelles two years ago and stayed there for a week, and again they decided to visit Seychelles to spend their honeymoon.

 The calm and moderate media of Seychelles have not reported anything on their two visits to keep their privacy and only the Government of Seychelles expressed its hanks to the people for their cooperation to keep the honeymoon couple in the best atmosphere. Of course the media has press freedom, and the society should guarantee it for its democracy, but in return for it the media must supplying valuable information enough to deepen the social understanding of the audience.

 The whole marriage event of the Royal Family is usually planned very carefully by the so called ‘spin-doctors’ and of course even the choice of the honeymoon destination is not the exception. Firstly the correction of the image of the Family, which is represented by the several scandals with Prince Charles’ troubles such as his immoral marital life, was targeted. In this sense the natural beauty of the Seychelles was best to erase that kind of non-favorable image, and needless to say,the engagement ring originally owned by the former Charles’ wife and William’s mother Diana was used by showing William’s love and respect to his mother and as the symbol of simple life of the Royal family. The climax of the ‘marriage show’ on the TV screen was the kiss at the veranda before the public of one million on the London streets and the two billion TV viewers of the world.

 The choice of Seychelles as their honeymoon destination has a political meaning too. We can understand this when we know that Seychelles is one of the nations of the British Commonwealth. Their visit gives impression that the Royal family always pays a warm attention to the people of the Commonwealth nations which cover throughout the seven oceans of the world. And also their visit to Seychelles means that the next public and even ‘business’ activity of the newly-weds might be environmental protection without disturbing an image of Diana and in addition to get the clue of joining CO2 emission credit trades. The British Royal Family follows various kinds of business though Japanese one does not do any of such.

 Also their visit to Seychelles has world strategic meaning to show the British presence and concern in this area, which is symbolized by the huge American military radar-station on the mountain of Mahe Island, where Russia(former Soviet Union) and China have embassies, the main job of whose officers are to watch what Americans are doing there. The very naïve Japanese Embassy sends its staff from Kenya to Victoria, the Capital of Seychelles several times a year.

 Seychelles is a member of the United Nations and it has one vote in the United Nations General Assembly and its value is as important as other large countries like the US, China and Russia. And even practically for us Japanese the EEZ of the sea of this country is so rich in resources where we get yellow fin tuna enjoyed at the rounding sushi bars throughout Japan and also when the Japanese fishing boats meet accidents the Seychelles coast guards have helped them. Besides these things the location of the Seychelles has a big meaning as it is along the way of so called‘sea-lane’ for Japan to carry crude oil and NLG from the Middle East.

 The Constitution of the Seychelles defines Creole, English and French as the national languages, which means, in case of Seychelles the mixture of races proceeds softly and the social gap among the people is not big, so that the stability is high. It makes the best condition for the security side to guard VIPs. In addition as William and Kate stayed in a remote island they could shut out the lousy paparazzi media reporters, which also made it easy for the Royal Family to manipulate the media in their favorable direction.

 I myself appeared, on the wedding ceremony day of 29 th, over the phone interview in the special news program of the CCTV (China Central Television) which compared the world monarchism states. I said in it that the monarchy of the UK and Japan resembles as the system in their constitutional functions being conducted by the advice of the cabinet.

 The most different point between the two is that in Japan the critical comments of the Emperor’s Family are nearly the taboo whereas the British Royal Family has been shown to the public by the media as actual human-beings with both good and bad points like ordinary people.
(End It)

Article originally written in Japanese by Takesato Watanabe, Professor at Doshisha University, Kyoto, Japan Chairman, Japan-Seychelles Friendship Association
SANKEI EXPRESS(circulation 200,000): Column "Media and society",
Wednesday, May 25, 2011, with photos


双子ヤシの生態

 By 日本セイシェル協会理事長 渡辺武達

双子ヤシは、セイシェル共和国の固有種で、同国プララン島の有名なヴァレドメ自然保護区(通称:巨人の谷)とその隣りのキュリユーズ島以外には世界中どこにも自然生息しない(他地域のものは他から持ち込まれたものだといわれる)。その生態と自然林・稀少原生動植物(クロオウム/Seychelles Black Parrot=Coracopsis barklyiなど)が世界の自然史に不可欠な価値を持つとして、1983年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)によって世界自然遺産として認定された。ちなみにセイシェル共和国にはこの他、ゾウガメ10万頭以上が生息するアルダブラ環礁もユネスコ認定(1982年)の世界遺産であり、両地域ともSeychelles Islands Foundation=SIF(セイシェル世界遺産保全庁/ホームページ→ http://www.sif.sc/ によって保全管理されている。

 yahi.png
 双子ヤシのオスの樹と雄花        双子ヤシのメスの樹と受精し成長中の実およびその中身
© Japan-Seychelles Friendship Association

この双子ヤシは実に不思議な生態をしめす。雌株の花が雄株から飛んでくる花粉(精子)を受け、9ヶ月たつと、中がカルピス色のジャム状になり、食べ頃となる。実を割って、それにシロップなどをかけると、えもいわれぬ味。舌のうえでころがし、のみこむと、胃の中までふんわりとした気分になり、極楽の食べ物とはこういうものなのか、という感じになる。

しかし現在は、政府の保護政策によりこの双子ヤシの実を食することは禁止されている。 この双子ヤシは、受精してからちょうど7年目に成熟して、自然に下へ落ちる。そして、実がパカッと割れて、中から固い種の部分(上記写真の右下ときには2つ、3つのこともある)が出てくる。それが女性の腰の部分そっくりの形をしており、1990年の日本大阪の花博会場セイシェル館に展示されたとき、参観者を驚かせた。 これは非常に固くて重い。大きなものになると、1個で20キロもある(2016年5月採取のものは一つの実に3個の種が入っており、合計で37キロ、これまでで最大、TBS/毎日放送系列「世界遺産:セーシェル編」(2016年10月2日、日曜、18:00 –18:30)で放映された。 

そして、この中の部分が、適当な湿り気があると地下茎を延ばし、5~6メートル地中を進行し、地上に芽を出す。こうして発芽すると1年に1枚ずつ葉を増やし、幹は日本のシュロのような外見、それが25年たってはじめて花をつけ、受精し、実をならせる能力をつける。だから、双子ヤシの樹は葉の枚数をかぞえると、樹齢がわかるのだ。雄株の場合もその生長過程は同じで、成長は遅く、およそ25年をすぎるまで花(男性器に形状が酷似)をつけ、精子(花粉)を作ることがない。受精は風、ゲッコウ(ヤモリ)、アブなどの仲介による。プララン島のヴァレドメには、およそ4000本の双子ヤシの木があるが、そのうち約8割超は雌株で、ここでは完全に1対4の一夫多妻である。

 現在では発芽した実が人の手によって、マヘ島の植物園などに移され、プララン島以外でも見られる。近くのキュリューズ島にも100本あまりが自然生育しミニ「巨人の谷」の観がある。。注:セイシェル共和国産 オオミヤシ(大実椰子)、フタゴヤシ(双子椰子)、ウミヤシ、ココ・デ・メール double coconut、sea coconut学名:Lodoicea maldivica

『セイシェル・ガイドーインド洋に浮かぶ地上最後の楽園』 渡辺武達著、恒文社・1983年(148,149ページから引用、改訂)    
Coco de mer, also calledDOUBLE COCONUT (species Lodoicea maldivica), native palm of the Seychelles Islands in the Indian Ocean. The flowers are borne in enormous fleshy spadices (spikes), the male and female on distinct plants. Coco de mer fruits, among the largest known, take about 10 years to ripen; they have a fleshy and fibrous envelope surrounding a hard, nutlike portion that is generally two-lobed, suggesting a double coconut. The contents of the nut are edible but are not commercially valuable. Water vessels and platters are made from the shells. The empty fruits (after germination of the seed) are found floating in the Indian Ocean and were known long before the palm was discovered.

Copyright: Encyclopedia Britannica, 1994-1999

「メディア倫理ミニマム」の思想

 1968年の予算編成に先立ち、東京都知事(当時)の美濃部亮吉は「『東京都中期計画』を発表し、その理論フレームとしてシビル・ミニマムを設定」した。この「シビル・ミニマム」概念を発展させて、71年に松下圭一は『シビル・ミニマムの思想』を著し、「自治体(に対する)中央政府による体制的制約を認めながらも、なお市民の地域民主主義的活力を基礎に、自治体の政治的自立性をいかに実現するかという観点から」のさまざまな政策提言をおこなっている(松下圭一『シビル・ミニマムの思想』東京大学出版会、1971年、pp.272-280を参照)。ただし松下は「〈自由権〉といわれる政治的自由については言論・結社の自由から権力分立にいたるまでの具体的保障をもつが、〈生活権〉はシビル・ミニマムという設定というかたちではじめて現実的保障となりうる」(p.278)といっている。

 〈生活権〉がかなりの程度まで人間の生存権としての生物体組織維持という点から数値的な計測になじみ深いことはたしかだが、日本国憲法21条の規定する「言論・表現の自由」(『メディア用語基本事典』世界思想社、2011年、pp.95-96)が政経権力(政治と経済が合同した権力)から日常的な圧迫をうけているばかりか、新聞社やテレビ局内においての社内的圧迫も増大している現実がある。つまり松下のいうほど、日常的な政治的自由の現実はそれほど楽観的に見られるものではない。それ以上に深刻なのはメディアワーカー(メディア産業の従事者)たちが経営と自己保身のために、唯々諾々とそれに従い、そのことに違和感を持たなくなりつつあると現実がある。

 筆者(渡辺武達)はメディアの公正・中立概念追究の思想的核として「積極的公正中立主義」を提起してさまざまなメディアの局面を想定して議論してきているが(『メディアリテラシーとデモクラシー 積極的公正中立主義の時代』論創社を参照)、メディア自身の自律による市民主権に立脚した言論の自由の尊重がメディア活動の基本理念にならねばならないという意味での「メディア倫理ミニマム」(media ethics minimum)という考え方を総務省のメディア政策やメディアワーカーの「公準」とし、社会全体もそれを是としなければならないと考えている。(copy rights reserved byTakesato WATANABE)
By渡辺武達 2016年5月20日記

「娯楽だから」と言い逃れるテレビ界自浄装置BPOの哀れ

今月1日(2016年3月)、水戸市(茨城県)がTBS系列のバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」2月3日放送分(以下、「水曜」)の同市ロケ部分に放送倫理上問題があり、内容に虚偽があるとした意見書を放送界の自律組織である放送倫理・番組向上機構(BPO)に送った。

TBSがかつて放映したドラマ「水戸黄門」は最後にご老公と助さん格さんが悪役に印籠(いんろう)をかざし、懲らしめる定番(予定調和)が人気であった。今回の「水曜」ではその構図が現在も通用するかを「水戸なら今でも印籠の効果あるんじゃないか説」として検証を試みた。この10分ほどのコーナーの最終部分で、黄門役の老人に4人の若者が暴言を吐くシーンがあり、最後に進行役によるダウンタウンの発言とともに、「ドキュメントをお見せしました」との字幕が出る。

 「ドキュメント」は事実の記録のことだから、放映直後から「治安の悪さを見て、観光の予定を取りやめた」「水戸市のイメージが最悪になった」などと市に苦情や抗議が寄せられたが、じつはその4人は番組を面白くするために制作局が用意したエキストラであった。水戸市はそれを「やらせ」「虚偽」だと抗議し、同一番組内での謝罪・訂正を求めたがらちがあかずBPOへの意見書提出となった。

 「実際に起きてもいないことを事実として表現することは〈やらせ〉であり、事実を効果的に表現することを〈演出〉という。その意味で、問題となったシーンはまごう事なき「やらせ」である。ところが、BPOの放送倫理検証委員会は11日、「ビデオを見ると、バラエティー番組そのもの。ほかの部分も含め通して見れば、よけいそういう感想になる」(川端和治委員長)として「問題はない」とした。だが筆者は、この判断を現在の放送界には自律と自浄能力がないことを示すものだと思う。ここには現在の日本のテレビが抱えている深刻な構造的問題と、BPO委員がメディア学に疎いのではないかと心配になってくる。その検証と再考なくしてテレビの信頼度はこの先、落ちるばかりだからだ。

 番組内では局が用意した高齢タレントが水戸駅構内で、歩きスマホや禁煙スペースでタバコを吸う若者に注意し、従わない人に「黄門印籠を見せ、その効果を検証する」。だが、若者の多くは黄門さんそのものを知らない。そうしたシーンがいくつか流れた後(ここまでは実際の現場で起きたことだから問題はない)、喫煙するエキストラの若者たち(これは局側が言い含めて用意したエキストラ)に注意すると彼らが興奮、反抗し、罵声を浴びせ続け、ついに「助さん格さん」役の2人が登場、印籠を出しても収まらず、混乱したままで終了。

 実際のテレビ映像では「検証スタート」の画面から、「歩きスマホねらい」と字幕が出て、「歩きながらのスマホはあぶないですから」(黄門)と声がけするが最初の何人かには「立ち止まってさえもらえず」「印籠チャンスがない」(字幕から)。やっと高校生風男性が止まるが印籠を見せてもその意味がわからず、キョトン。

 最後が問題の4人で、「大変年寄りが余計なことをいって・・・」と黄門役が「遠慮気味」に注意すると、「邪魔だから どっか行けよ早く コノヤロー」)「あぁじじい やんのか コノヤロー」「警察でも何でも呼ばれコノヤロー」(いずれも若者たち)。そして「じじいのピンチ=印籠のチャンス」と字幕が出て、印籠をかざした助さん格さんが登場すると「バカじゃねぇの コノヤロー」(若者、字幕)の発言で終了となる。

 現在の民放バラエティ番組のスタッフの過半数がいわゆる下請け会社員で、30代でも年収が300万円以下は珍しくない。視聴率が取れなければ、次の仕事が来ないから、本社員といっしょになってこうした「やらせ」まがいが横行するブラック職場になっている。にもかかわらず、BPOが「バラエティだから」「虚偽=事実でないこと」で「他者を傷つけること」をOKだという。それならば、今月末にキャスター交代となるNHK『クローズアップ現代』の「追跡“出家詐欺”」編」(2915年5月放送)と同じやり方だし、内容的真偽という点では「水曜」のほうが罪深い。なぜなら、「クローズアップ現代」の厚かった出家詐欺そのものは実際に起きたことだからだ。

 放送倫理基本綱領には「放送は、適正な言葉と映像を用いると同時に、品位ある表現を心掛けるようつとめる。また、万一、誤った表現があった場合、過ちをあらためることを恐れてはならない」とある。少なくともBPO関係者の今度の対応は「放送法マインド」の軽視で、他の良質番組をも貶め、総務省からの批判があればすぐ崩れるものだと心配になる。

 後記:私、渡辺武達のこの原稿が掲載されてから、TBSは水戸市に謝罪し、番組ホームページでもそのことを記した。水戸市長高橋靖氏からも筆者あてに礼状が届いた。しかし新聞原稿を送り注意喚起を促したBPOからはなしのつぶてである。やはり、倫理をあつかうBPO委員は「面白く感じる人がおればメディア企業は儲かる」という論理で動いている「経営主導主義」の迎合すべきではなかろう。

「メディアと社会」連載第216回 
(産経エクスプレス EX、2016年3月16日掲載)

 掲載時の表題:バラエティや「やらせ」OK・・・BPO判断に疑問

(同志社大学名誉教授/メディア・情報学者)

世界に冠たるセイシェルの魅力

セイシェルがヨーロッパ富裕層のリゾート地として、あるいは日本からのハネムーン(新婚旅行)先として人気が高いのはどこまでも澄み切った空と海、夜には南十字星をはじめ、満天に星が輝くことのほかに、

 1.街中が安全であること(安全度は日本とほぼ同じ)

 2.人びとが人なつっこいこと(誰もがニコニコして話しかけてくれる)

 3.気候が温暖であること(南緯4度を中心に115の島が点在し、
   海洋性気候で、一年中25度~30度

町の中心地にある時計塔

<町の中心地にある時計塔>

 4.ホテルが清潔で、食事がおいしい(日本の街中の料理点とほぼ  
   同じ値段で新鮮な魚が食べられるし、ホテルでは世界各国の
   料理が提供される)

 5. 一年中、白い砂の浜を歩き、澄み切った海で泳げること。

中学生たちの清掃呼びかけ行進


<中学生たちの清掃呼びかけ行進>

 6.その他、もろもろ

しかしとりわけセイシェルが世界中の動植物愛好家に知られ、
テレビ取材などが多い理由は、

 1.世界で一番大きなリクガメである「ゾウガメ」の自然生息地である
   こと(自然生息地は世界自然遺産のアルダブラ島だが各ホテル
   に観光客用に飼育されている)。 

世界最大のゾウガメと山田矩子京都セイシェル協会長(バード島)

<世界最大のゾウガメと山田矩子京都セイシェル協会長(バード島)>

 2.世界で一番大きな椰子の実、双子ヤシ(ココデメ)をつける
   フタゴヤシの世界最大の原生林がある
   (プララン島、世界自然遺産)。

 3.世界で一番小さなカエル、ガルディネリが生息し(頭から尾てい
   骨までを計ると大人で9ミリ)、それが山中の朽ち木に卵を産み、
   卵からそのまま「カエル」の形をして生まれてくる(マヘ島山中)。

 4.多くの映画のロケ地になる、6月~9月に100万羽以上の
   セグロアジサシが産卵、営巣するバードアイランド(鳥島)が
   ある。
セグロアジサシの群舞(バード島)

セグロアジサシの卵(バード島)



<バード島のセグロアジサシ(上)、セグロアジサシの卵(バード島)(中)、尾長熱帯白尾鳥(下)>

 5.その他、もろもろ。

セイシェル訪問、セイシェル取材希望のテレビ局、その他、どのような方面でもセイシェルに興味のある方は何でもお問い合わせください。

メールの送付先: takesatowatanabe@gmail.com または 
                 twatanab@oak.ocn.ne.jp

「パナマ文書」と調査報道、その1 2016年5月13日記

  最近のメディア界、ジャーナリズム活動のクリーンヒットといえば、国内では『週刊文春』(2016年1月21日発売号)が、甘利明・TPP担当相とその公設秘書が建設業者から口利きの見返りに現金を受け取りながら、政治資金収支報告書に記載していなかったこと、また同誌が1月21日発売号で、家族旅行や私的な飲食費に、政治資金が使われた「公私混同」の疑いがあると報じた舛添要一東京都知事の政務活動費問題があり、国際的題材としては4月3日(2016年)、『南ドイツ新聞』(ドイツのミュンヘンに本社)とICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合、米国のワシントンに本部)が明らかにし、この3日(2016.5.3)に100万件以上のデータを整理し、詳細を明らかにしたパナマ文書(タックスヘイブン=租税回避地パナマの企業設立援助法律事務所の顧客リスト)を挙げるべきだろう。

 文春は日本の週刊誌であり、かつてその月刊誌である『文藝春秋』編集部とジャーナリスト立花隆が組んで同誌1974年11月号に発表した論文「田中角栄研究――その金脈と人脈」は当時、「小学校出の今太閤」ともてはやされ、自らも大派閥による権勢で「得意絶頂」にあった田中角栄とその内閣を崩壊させ、日本の財界(全日空が中心)と政界、右翼暴力団(児玉誉志夫ら)がつるんでいることを明らかにしたロッキード事件へといった・・・その後の展開も興味深い。

 これら日本の2誌の報道もいわゆる調査報道(investigative reporting)(『メディア用語基本事典』pp.111、世界思想社刊、筆者共編を参照)で、日本のジャーナリズム界では特筆に値する。日頃は巧妙に隠れている(隠されている?)社会悪をあぶり出し、公衆の社会理解を深め、覚醒させるという点で、「権力悪暴露型」ジャーナリズムの理想型として高く評価できる。

 このパナマ文書公開はそこで名前が出たアイスランドの首相はそれを認め、辞任に追い込まれたし、中国やロシアの指導者の係累や友人、日本でも多くの経済人たちが関与していることが明らかになった。それらのことは国の如何を問わず、「政経権力(政治と経済が合同した権力)が腐敗しやすいこと」と「強欲資本主義の実態」そのものなのであろう。

 だが、メディア社会論の立場からいえば、それ以上に、今度の「パナマ文書」公開とそのプロセスは従来型「調査報道」では実際の報道まで持ち込むことがむずかしかった新しい形体に注目しておかねばならない。その第1は、これほどの巨大かつダーティーな現実暴露報道は現在のいかなる国のいかなるメディア企業にもたった一社単独ではむずかしく、まず一報だけを行うことにより(4月3日)事実の存在を公開してしまい、その後はその精査がICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合、日本では共同通信が加盟)にまかされたこと、第2は、これほど大量の重要文書であると電子データでないと扱えないが、安易にネット利用でそれを行えば、暗号化しても米国を初めとする秘密情報閲覧を実行しているものに見破られるから(ウィキリークス問題や最近ではアップル・FBI対立問題が暗号解読を日本企業の協力でFBIが行ったこと)、解析に使ったコンピュータはすべてネット接続を遮断して行われたことである。(次回につづく・・・)

京都メディア懇話会規約

 京都メディア懇話会公式ホームページ→ http://kyoto-media.jp/

           京都メディア懇話会規約制定              
   2012年4月1日
From 渡辺武達
改定2015年3月18日
改定2016年4月28日

第1条(名称)

本会の名称を「京都メディア懇話会」(英文名称:Kyoto Council on Media Studies andPolitical Science、略称:KCMSPS)とする。

第2条(目的)

本会は以下の目的をもって結成する。

1 京都を基盤とするメディアの関係者や研究者、学生らが交流し、
意見交換する。

2 メディアとその社会的役割について論議、研究し、問題点の解決と改善の方策を探る。

3 地域社会でのメディアのあるべき姿、大災害など非常時のメディアの連携などのあり方等を考え、提言する。

第3条(会員・組織)

1 本会の会員は京都に基盤を置くメディアの関係者、研究者、学生
などメディアに関心のある者で構成する。

2 会費(年額)は一般5000円、大学院生1000円、学生無料とする。

3 常任の役員を置く。任期は1年。再任は妨げない。

会長1名  理事長1名  副会長若干名 
(会計担当、企画担当を副会長が兼務)。
事務局若干名(事務局長1名、局次長若干名)

4 必要に応じて顧問を置くことができる。

5 事務局は下記に置く。

阿部康人
〒602-8580 京都市上京区烏丸今出川 同志社大学社会学部
メディア学科 渓水館研究室内 
メール連絡先 twatanab@oak.ocn.ne.jp 

第4条(活動)

1 年に原則10回、定期的に懇話会(月例研究会)を開く。

2 懇話会では、会員もしくは外部講師を招き、勉強会、講演会等を開催して意見交換、非常時のメディアの連携等についての議論等をし、それらの内容は適宜まとめて会員に報告、外部にも公表する。

3 上記内容は必要に応じて関係機関に提言する。

4 その他、目的に応じて必要な事業を行う。

第5条(総会)

1 総会は原則として年に1回とし、会長が招集する。また会員の求めなど、必要に応じて臨時総会を招集することができる。

2 議長は会長もしくは理事長(欠席の場合は他の役員のうちの一人)が務める。

3 議題の承認および諸事業の決定には出席者(委任状を含む)の
半数以上の賛成を必要とする。

付則

この規約は2016年4月28日から施行する。

年会費納入先: 京都銀行府庁前支店 店番(122)普通

預金口座名: 京都メディア懇話会
         (キョウトメディアコンワカカイケイシンムラアキラ) 

口座番号: 4127460



2016年度役員

会長:渡辺武達(メディア学、同志社大学名誉教授)

理事長:齊藤修(京都新聞ホールディングス顧問))

会計:新村章(元KBS専務取締役)

事務局長:阿部康人(同志社大学社会学部助教)

事務局次長:十倉良一(企画担当、京都新聞シニア論説委員)

中谷聡(広報・ホームページ担当、京都光華女子大学講師)

タレントの「恋愛」報道とメディアの常識


13日(2016年1月)からイタリアに来ているが、ネットで見ると、日本メディアの世俗的話題はタレントのベッキーさんと紅白出場歌手の「不倫」と謝罪会見、スマップの解散独立問題らしい。「そんな話題」は一年たたずして忘れられるし、社会的影響としての新奇性もない。しかし「そんなこと」がテレビを中心に「国民的話題」となり、石破茂地方創生担当大臣(元自民党幹事長)までがスマップの存続を希望する。しかもそれが通信社の共同=ロイター電として外国まで流される。となると、この社会情報現象はタレントの人権とプライバシー問題だけではなく、日本社会のメディア規範(道徳)とその仕組みについて考える格好の素材となる。

今回のベッキー問題は正月明け4日発売の週刊誌が当事者たちの行動を密会写真とともにSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)交信記録まで入手して報道した。それをテレビとネットが中心となり大騒ぎとなり、もはや事実の否定はできない・・・という事態となった。ベッキー所属事務所は文春報道二日後の6日、記者からの質問なしとの条件での会見を設定、「ファン、関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを謝罪します」などと本人にしゃべらせることになった。

芸能人やセレブ(著名人)につきまとい、私生活写真を撮影したりする人を「パパラッチ」(イタリア語で「うるさいハエ」)というが、ここイタリアだけではなく、欧米全体にもそうした取材法で成立しているメディアは少なくない。また、そうして稼いだ金で、危険な戦争や難民問題の現地取材費を継続しているフリーの記者たちも少なからずいることも事実だ。
だが、欧米では「不倫」問題などが主流メディアで取り上げられ、報道された側がすぐ謝罪ということなどほとんどない。ましてやスマップ関連のように、現役大臣が「キャンディーズも好きだった・・・スマップにも解散してほしくない・・・」なんていうことなど考えられない。

北欧を筆頭に、欧米ではスキャンダルやセックスを中心素材としているのはそれ用の新聞や雑誌だけで、販売法にも配慮があり、パパラッチの本場イタリアでも例外ではない。反対に同種のスキャンダルでも欧米では政治や経済がからんでくれば、フリーのジャーナリストたちから政界のトップへの激しい告発が始まる。

たとえば、クリントン元米国大統領は女性秘書との不倫問題で騒がれ、議会の特別検証委まで作られた正式な検証報告書まで作られた。しかし問題の本質は執務室で「個人的行為」をしたことにあった。当地イタリアでも新聞/放送業界のドンで、首相を3期にわたって務めたベルルスコーニ氏(1936年~)への政治家不向き批判は独立記者たちの努力によって始まり退陣のきっかけになった。このベ氏の性的スキャンダルはド派手で、法的に起訴されただけでも、権力濫用から未成年者買春、婦女暴行まであったから、「愛に生きるイタリア人」としてすますことができなかったわけだ。

日本の大手メディアでは40~50代が現場を統括し、視聴者・読者の20~30代の若い層とくに女性たちの感覚とは離れてしまっている。彼女たちの多くは冷静で、①結婚制度を壊すのはよくないが個人の恋愛は尊重されるべきだ②ベッキー「事件」は個人レベルのことだから報道すべきではなく、本人たちの意思と自然に委せるべきだという意見が多い。

またタレントに人権はあるか?と問いへの答えは道徳的にも法律的にもイエスである。だが今回の場合、騒がれた理由が清純派イメージを評価した広告主たちの怒りよるものが主で、ベッキーとそのイメージに恋したファンには一時的なショックかもしれないが、福山ロス(「最後の大物独身」といわれた福山雅治の結婚ショック)の小型版だがメディア現象としての構造は類似している。ベッキーが自らの商品価値を個人的愛のために見失っただけの話で、福山の場合もそれはじわりじわりとテレビ視聴率に効いてくるであろう。

名誉毀損は事実であっても当事者が知って欲しくないことだと思えば法的には成立し得る。メディア報道の場合はそれが取材段階で真実であると信じられ、その内容に社会的公開の意義つまり公益性があれば免罪される。その意味ではベッキーやスマップ報道は大方の日本人の俗的関心を高めただけで、本来私たちが有益な情報として心に刻む作業に使うべき時間がどうでもよいことに使わせられてしまっていることにこそ問題がある。

(同志社大学名誉教授/メディア・情報学者)

「メディアと社会」連載第212回
 (産経エクスプレス EX、2016年1月20日掲載)

 掲載時の表題:「ベッキー」「SMAP」報道の無駄

京都メディア懇話会2016年役員名簿

役員人事:2016年度役員

会長:渡辺武達(同志社大学名誉教授)

理事長:齊藤修(京都新聞ホールディングス顧問))

副会長:新村章(会計担当、元KBS京都放送専務取締役))

副会長:阿部康人(事務局長、同志社大学助教)

事務局次長:十倉良一(企画担当、京都新聞シニア論説委員)

中谷聡(広報・ホームページ担当、京都光華女子大学講師)

京都メディア懇話会の広報

京都メディア懇話会の前身は2012年度に発足した同名の任意団体で、不定期な会員相互の勉強会とともに、翌13年度より2年間同志社大学において寄附講座「京都メディアの発信戦略と地域貢献」(半期2単位)を全学部共通科目として提供、15年度から市民とメディアワーカー(メディア産業の従事者)の協働、社会的提言の機関たるべく、規約を改正してスタートいたしました。

・15年度からは月例研究会を基本に活動して現在にいたっています。

京都メディア懇話会設立目的 

① 京都を基盤とするメディアの関係者や研究者、学生らが交流し、意見交換する。

② メディアとその社会的役割について論議、研究し、問題点の解決と改善の方策を探る。

③ 地域社会でのメディアのあるべき姿、大災害など非常時のメディアの連携などのあり方等を考え、提言する。

 
・今年16年度はさらに当初の目的活動を実現できるように
努力していきたい。

以下は月例会(研究会)のご案内です。広くメディアの社会的役割、ジャーナリズム、社会情報環境などに関心のある方はどなたでもご参加ください。

1.次回第10回月例研究会(2016年5月)のご案内
日時:2016年5月26日(木)18:30~20:00

・会 場 同志社大学寒梅館6階大会議室

・発題者:畑仲哲雄(龍谷大学准教授)

・演題 〈新聞〉の創造的破壊-上越タイムスを事例に

・発題者略歴:1961年大阪市生まれ。関西大卒。毎日新聞社会部、日経トレンディ編集部、共同通信経済部で取材記者や編集実務に従事。勤務のかたわら2004年から東京大学大学院学際情報学府(旧新聞研)に入学。博士(社会情報学)。2013年から龍谷大学社会学部准教授。著書に(2014)『地域ジャーナリズム – コミュニティとメディアを結びなおす』勁草書房、など。

・発題内容

〈新聞〉を産業の面からみれば凋落の一途だが、市民社会から必要とされなくなったわけではない。人々のコミュニケーションを促す機能としての〈新聞〉は、むしろ必要とされているといえるのではないか。そのことを体現するひとつの事例が、新潟の地域紙「上越タイムス」である。同紙は1990年代には廃刊目前の赤字経営だったが、紙面の一部をNPOに委譲するなど、〈新聞〉が禁じ手としてきたことを壊し、結果的に発行部数を3倍に伸ばした。この事例から得られる教訓とは・・・・・・

・司会者:齊藤修
(京都メディア懇話会理事長、京都新聞ホールディングス顧問) 

・コメンテーター:中谷聡(京都メディア懇話会事務局次長、広報担当、京都光華女子大学講師)

2.前回月例会(研究会)の記録

日時 4月28日(木)19:00~20:30

・会場 同志社大学寒梅館6階大会議室

・演 題 「新聞社の事業企画-地域貢献の仕掛けとして」

・発題者 上田耕滋(元京都新聞COM事業局長)

・司会者 永島宣彦(京都新聞COM社長)

・コメンテーター 宮本実(京都新聞COM取締役)

・発題者の略歴:1952年京都市生まれ。1974年京都新聞社入社。政経部、文化部などを経て2008年事業局長。2012年定年退職。現在京都新聞COM総務委員、龍谷大非常勤講師。著書に『企業が蘇る』(PHP研究所)ほか。

・発題概略: いま企業にとって常識とされるCSR(企業の社会的責任)の視点。新聞社が主催する多くの事業はこの視点を先取りしてきた。 地域に生き、共に発展するための流儀とは・・・。全国女子駅伝などスポーツ大会や美術展を材料に考える。

月例

<京都メディア懇話会月例会の様子>
              
2.第9回京都メディア懇話会月例研究会報告

 京都メディア懇話会2016年度総会後に開催された第9回月例会では、 上田耕滋氏(京都新聞COM総務委員)が京都新聞社による文化事業の現状について報告した。上田氏によれば、新聞業の目的には、本業(取材・報道活動)に加えて、広義の読者・市民サービス(文化事業)がある。文化事業には、本業ではカバーできない読者との直接的なふれあいの機会をつくることを通して、域内における存在感を示す狙いがあるという。ただし、新聞社の主な収入源である①販売収入(購読料)②広告収入③事業収入の3つのうち事業収入は販売収入および広告収入に比べて「桁違いに少ない」。加えて、新聞社の文化事業には、経済的リスク(興行の不入りなど。新聞社が「レベルの高い催事」を通して地域貢献を試みても、収益が上がるとは限らないという)や社会的リスク(運営上の安全管理など)といった問題が伴うという。しかしながら、人口減などの社会の変化とともに、新聞業にはこれまで以上に紙面外で地域社会の読者や市民と直接かかわる双方向型コミュニケーションが求められている。上田氏は、これらの現状を踏まえて、従来の「存在感を示す」という発想を超えた文化事業を構築していく必要性を述べた。

 上田氏の報告を受けて、宮本実氏(京都新聞COM取締役)が、新聞社などのどこかの事業体がリスクをとってでもやらなければならない文化事業があると指摘した。ただし、文化事業によって「本業の事業を圧迫する可能性」も存在するという。また宮本氏は、「文化事業」を広く捉えた事例として、新聞販売所などが 単独世帯の高齢者の多い地域で行っている「地域見回り隊」などの活動を紹介した。

 上田氏の報告と宮本氏のコメントを受けて、会場からもさまざまな意見が出された。参加者の一人は 、新聞社は存在感を示すことに囚われるのではなく、地域にどのように受け止められたいかという観点からメディアとしての公共性を念頭に置いたうえで文化事業を考えるべきだと述べた。別の参加者は、かつては新聞社が発行部数を増やすためにメディアとは全く関係のない事業をしていたという歴史的事実を指摘したうえで、文化事業によって収益を上げて地域メディアがジャーナリズムの役割を果たす可能性について言及した。第8回の月例会に引き続き、地方メディアによる文化事業の可能性を克服すべき課題などが議論を通して示された。(まとめ:事務局長、阿部康人)

第9回月例会に参加して:

永井るり子会員(立命館大学社会人学生)から: 京都新聞COMの上田耕滋氏によると、事業局の行うイベントは、主催・共催・後援等たとえ利益が出なくても、プレゼンスの為に行なっているとのこと、京都という土地柄、寺社とのイベントでも宗教色が出ないよう努力しつつ地域民に貢献するCSRは素晴らしい。    

イベントが読者の思い出作り等に役立つともいえるが、席上からは、編集局による読者ニーズへの応えこそが、本来の利益を出すべき作業ではないかとの本質論も出た上、「ウィキリークス」報道をした英国ザ・ガーディアン紙を例に、新聞発行事業以外による利益はジャーナリズム機関としての存続保障、記者・記事のクオリティ―向上に資するのが本筋だとの意見も出た。京都新聞は早期に分社化したが、事業局こそは、いわば広報部門を担うのではないだろうか。即ちイベントにより自社のプレゼンスを示すことが、対読者から対株主までの立派な広報~IR・PR活動であり、新聞社の事業局は経営の多角化・ベンチャーに乗り出すのではないとの上田氏自らのご指摘の如く、新聞の質的存在感を再生産する機関であらまほしい。

寺森義信会員(元化学製品製造会社勤務)から:新聞の販売、広告以外に新聞社の事業部門が行っている事業がそれほど多いとは知らなかった。それは新聞が多分野で社会的責任を持っていることの表れなのだろう。同時にその利益が販売、広告より桁違いに少ないという事実にも驚いた。民間会社では 売上、利益を稼ぐ部門が社内で大きな発言力をもつのが一般的だが、新聞の販売、広告では利益がでないならもっと利益が出る体質に変革する事が求められているのだと思います。利益が出なければ会社の存続すら危なくなるから新聞事業そのものもなくなる可能性があるからです。
上田さんの作成資料で{権力+新聞 vs 市民 }の構図、報道被害の有害性が目立つとの指摘は的を射ていると思います。表現の自由は個人の名誉や人権を害してはならないからです。

日本セイシェル協会およびセイシェル観光促進会の活動

西インド洋に自然保護活動に熱心で、政府による自然保護・開発
禁止地域率の世界でもっとも高いセイシェル共和国があります。

私、渡辺武達は1980年代初めから、世界で三番目に小さな人口で
成立しているこの国政府および国民との民間交流を続け、これまで80回以上の訪問経験があります。

またこの国を日本およびその他の国々の人びとにメディアを通して
紹介するための活動もしてきました。日本ではNHK番組「生き物地球紀行」や「地球イチバン」、民放ではフジテレビ「「なるほど!ザ、ワールド」など、各局の番組にコーディネイターとして制作協力してきました。

2312万人を集めた1990年の大阪花博にはセイシェル政府の依頼を受け、全電通近畿労連の協力を得て、花博セイシェル館の政府代表を務め、世界最大のゾウガメ、世界最小のミニガエル(ガルディネリ)や双子ヤシ(coco de mer)を展示し、100万人超の入場者を迎えました。この国の文化や国情を紹介した以下の本も出版しております。

渡辺武達(1983)『セイシェル・ガイド―インド洋に浮かぶ地上最後の楽園』恒文社

それらの経験から、この国と国民についてのご質問にお答しますので、以下にご連絡いただければうれしいです。 
twatanab@oak.ocn.ne.jp 

日本セイシェル協会理事長  セイシェル観光促進会日本代表 
渡辺武達 Takesato WATANABE

IMG_0759京都教員訪問団一行(バード島)
 
<京都教員訪問団一行(バード島)>

IMG_0728抱卵するセグロアジサシ(バード島) 鳥と卵

<抱卵するセグロアジサシ(バード島) 鳥と卵>

「テレビ局、テレビ番組制作会社の皆様へ」

地上最後の楽園といわれ、映画「エマヌエル夫人」(第3部)や美しい海や多くの鳥、地上最大のゾウガメなどとふれあえる。

セイシェル取材を計画されている皆様にはできるだけの協力をいたしますのでご連絡ください。


セイシェル1

<英国ウィリアム王子夫妻の新婚旅行先のノースアイランド>

セイシェル2

<京都柏野小学校生徒のセイシェル小学校親善訪問交流>

セイシェル3

<NHK番組「「地球イチバン:セーシェル編」(NHK総合、2011年12月15日20:00-20:45放映)取材で、ミッシェル大統領(中央)と会見する渡辺武達日本セイシェル協会理事長(右、コーディネイター)、左は番組案内役のジャーナリスト/津田大介さん>

「メディアと社会」EX(産経エクスプレス)連載原稿

皆様へ

EX(SANKEI EXPRESS産経エクスプレス)は2006年11月に創刊され、私、渡辺武達は2007年9月4日から「メディアと社会」欄(1回約1600字)への連載を依頼され(第1回は「Web2.0はグローバルか」、最終回2016年3月30日「現代社会とメディアの課題」を同紙の休刊まで、隔週で、全217回連載させていただきました。

そのうち2013年度までの主なものは以下の2冊の著書に収録しており、本欄ではそれ以後のものを順次掲載します。

渡辺武達(2012)『メディアへの希望 積極的公正中立主義からの提言』論創社

渡辺武達(2014)『メディアリテラシーとデモクラシー 積極的公正中立主義の時代』論創社

なおここに掲載する文章は新聞本体に掲載したものに若干の補正をしています。また表題についても変更しており、実際の表題は冒頭カッコ内に記している。

「メディアと社会」連載第217回 (産経エクスプレス EX、2016年3月30日掲載)

 掲載時の表題:「世の中を〈進化〉〈深化〉させる報道を」

現代社会とメディアの課題

                   渡辺武達(わたなべ たけさと)

 3月26日(2016年)、著名な英国の新聞「インデペンデント」が紙新聞購読者の激減で経営が困難になり電子版に全面移行した。本紙(産経エクスプレス EX)も諸般の事情で明日31日(2016年3月)でいったん休刊となり、拙稿も今回が最後となる。今回は読者の皆さんへの感謝を込めて、本欄の努力目標でもあったメディアと市民の社会改革コラボについて、情報化社会の「シンカ」(進化と深化)の角度からまとめておきたい。

ネットを中心としたIT(情報技術)関連用語には米国での造語が多いが、現代を「情報化社会」(Information Society)と名づけたのは日本の生態学者、故・梅棹忠夫氏(1920~2010)で、今から50年前のことである。氏は朝日放送(大阪のラジオ・テレビ兼営局)のPR誌『放送朝日』1963年1月号に、「情報産業論~きたるべき外胚葉産業時代の夜明け」と題した文章を寄せ、「情報そのものがモノよりも大きな価値をもつ社会が到来しつつあること」を人間の脳の動きにたとえて説明した。

カール・マルクスはその100年前、モノには①使用価値と②交換価値があり、資本家が労働者を使ってそれを生産し、資本が蓄積されると指摘した。梅棹氏はマルクス主義をある種の宗教だと揶揄したが、その当否は別にして、氏の情報産業論は資本論に匹敵するほどの社会論であった。

梅棹論文の登場時、時代はラジオからテレビへ移りつつあったが、まだモノクロが主流で、新聞や映画の関係者はテレビを「電気紙芝居」と呼んでせせら笑っていた。その頃、世論のリーダーと自負していた新聞記者たちは国会周辺でも飲み屋街でも肩で風を切って歩いていた。70年代に入ると、政治家たちも新聞よりテレビを重要視するようになった。だが今、若者層を先頭にそのテレビへの見限りが始まっている。

インターネットの一般化とスマホに代表される簡便な情報器機の普及によるものだが、ネット創案者の一人、ティム・バーナーズ=リー(マサチューセッツ工科大学教授)はかつて私に、ゲームやポルノへの関心がその後押しをするとは思わなかったといった。ネットは拠点の複数化で情報の一元管理を防ぐことができる。その利点が旧ソ連(現ロシア)からの核攻撃被害の軽減化をはかりたい米軍の目に留まり、実用化が促進された。半面、誰もが送受信者になれるという点が、①紙媒体を読まず②直感的発信で真偽が問題とされず③話題の主流が現在で歴史が継承されにくい・・・という特徴をもった社会層を生みだしている。

とはいえ、人間コミュニケーションの原初形態は口頭会話にあり、他のあらゆるメディアはその補完物にすぎない。つまり今日のメディアと社会の議論でもっとも大切な課題はそのことを忘れず、実態としてのグローバル化社会を見通し、個々人が安心かつ幸せに暮らせる社会の建設に資する情報を提供することによっていかに市民の対話を活発化させるかということになる。

国家成立の根本規範である憲法に表現の自由規定があり、それに基づいた放送法や電波法、さらにはメディア業界の自律規範としての各種倫理綱領があったとしても、それらを運用する者がその根本の哲学や価値観に無自覚であれば、それらの正しい運用など不可能だ。その典型が放送倫理・番組向上機構(BPO)で、水戸市民への名誉毀損的言動をエキストラに「やらせ」てそれを「ドキュメント」と称して放映したのに、水戸市役所から抗議されると「バラエティ番組だから・・・」と無視するといったことが起きる(16日付本欄参照)。

世界のメディア倫理論ではかならず引用され、「情報の自由論」の基本になっている米国のハッチンス委員会報告書『自由で責任あるメディア』(和訳は拙訳で、論創社刊)はメディアの責務を「他国家、他民族との融和の精神を忘れず」「日々の出来ごとの意味について、他の事象との関連のなかで理解できるように,事実に忠実で,総合的かつ理知的に説明すること」という。

メディア活動の従事者と経営者、そして研究者がそれを基本に活動すれば、市民のメディアへの信頼度と情報判断能力(情報リテラシー)は格段に向上し、社会も確実に「シンカ」するであろう。

               (同志社大学名誉教授/メディア・情報学者)



ごあいさつ

皆様へのご挨拶


(渡辺武達/ワタナベタケサト)
Greetings from the Author: Takesato Watanabe
mail to:    twatanab@oak.ocn.ne.jp


2015年3月末、同志社大学(社会学部メディア学科)を定年退職し、名誉教授となりました。

このブログ「自由で責任あるメディア」をもとめて

~渡辺武達のブログ~Blog of TakesatoWatanabe」

( http://twatanab.blog.fc2.com/ )では

私、渡辺武達の「メディアと社会」についての新しい意見だけではなく、メディアと社会」についてこれまでに諸活動を通して発信してきたもののまとめになるものを掲載していこうと思います。


皆様のご意見と異なることについては、「意見交換」としての議論がプラスになるかぎり、おつきあいさせていただきますので、画面上から書き込みをお願いします。

長くなる場合は直接にメールtwatanab@oak.ocn.ne.jp または

takesatowatanabe@gmail.comにご連絡いただければうれしいです。


当然のことですが、根拠と倫理性のないご意見や「マイナス思考の考え」は掲載いたしません。

なにとぞよろしくご理解のほどお願い申しあげます。

また本ブログから引用される場合は当ブログからの「引用」であることを明記お願いいたします。掲載した文章その他の「著作権はすべて私、渡辺武達にある」 

(© Takesato Watanabe. AllRights Reserved.) ということであります。


このブログでは

1.現在のメディアに関する雑評、

2.過去の一般向け発表文、

3.日本セイシェル協会の活動、

4.京都メディア懇話会の広報、

5.渡辺武達の活動日記、

・・・などを不定期に発信していきます。


ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。


2016年5月10日 渡辺武達  連絡先: twatanab@oak.ocn.ne.jp

 


プロフィール

twatanab

Author:twatanab
本人略歴

渡辺武達(わたなべ たけさと) Takesato Watanabe, Japan
愛知県生まれ。同志社大学教授(社会学部メディア学科)を経て、現在、同志社大学名誉教授、日本セイシェル協会理事長、京都メディア懇話会会長。国際メディア・コミュニケーション学会国際理事、国内、国外での講演・執筆活動やテレビ出演、セイシェル関連でのテレビ番組コーディネイター等をしている。

メディア関係の社会活動として、同志社大学メディア・コミュニケーション研究センター代表(2003-7)、関西テレビ番組審議会委員(1996-2010)。京都新聞報道審議会委員(2000-2015)、など。(2016年9月現在)

Takesato Watanabe: Professor Emeritus at Doshisha University, Japan, Media& Information AnalystPresident of Kyoto Council on Media Studies and PoliticalScience=CMSPS)Kyoto International Council of International Association for Media and Communication Research=IAMCR Chairman of Japan-Seychelles Friendship Association (As of September2016)

著訳書:『ジャパリッシュのすすめ(朝日新聞社、1983年)、『テレビー「やらせ」と「情報操作」』(三省堂、1995年)、『メディア・トリックの社会学』(世界思想社、1995年)、『メディアと情報は誰のものか』(潮出版社、2000年)、“A Public Betrayed”(『裏切られた大衆』(2004年、米国Regnery刊、A. Gambleと共著)、『メディアと権力』(論創社、2007年)、『メディア・アカウンタビリティと公表行為の自由』(論創社、2009年)、『自由で責任あるメディア』(論創社、2008年)、『メディアへの希望 積極的公正中立主義からの提言』(論創社、2012年)、『メディアリテラシーとデモクラシー 積極的公正中立主義の時代』(論創社、2014年)、『メディア学の現在』(共編、世界思想社、2015年)など。

1980年代からテレビ制作に関わり、ファミリークイズやドキュメンタリー番組を作る。現在はCCTV(中国中央テレビ)英語国際放送などに衛星生中継で出演。専門はメディア社会論、国際コミュニケーション論。

Statement: Takesato Watanabe (as of May 2016)

Takesato Watanabe is Professor Emeritus,Doshisha University, Japan and President of the Kyoto Council on Media Studies and Political Science. After studying Journalism and Mass Communication at Doshisha University, he taught Journalism Ethics and Mass Communication Theory at that university for 25 years. He also acted as an advisor for International Department of The Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communication. In his media career, he has been a TV coordinator for over thirty years, a newspaper columnist and a commentator for China Central TV since 2007. He has published over 25 books, including co-authored and edited volumes; also in English, A Public Betrayed: An Inside Look at Japanese Media Atrocities and Their Warnings to the West, published in the United States.

Among his major translations from English into Japanese are A Free and Responsible Press by the Commission on Freedom of the Press (1947) and Denis McQuail’s Media Accountability and Freedom of Publication (2003).

He wishes to contribute to making IAMCR a stronger organization that will play a role in preparing an information environment for world peace through media studies and practices.

Author: Takesato Watanabe, Professor Emeritus at Doshisha University, Japan.

Media & Information Analyst

渡辺武達(メディア・情報学者)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。